​BLOG

世界複合遺産の武夷山に行ってきたよ①

January 24, 2018

2018年1月7日〜22日まで、

誠に勝手ながらお休みをいただき、

2週間ほど中国は福建省の主人の実家へ帰省しておりました。

 

その中の2日だけ武夷山に旅行へ行きました!

個人で行くには情報があまり少ないのと、

あまり新しい情報がなかったので、

次に行く人のためにも、覚えてる限り、

書き記しときたいと思います。

まず

最寄りの火车站(列車の駅)から、武夷山东站(武夷山東駅)まで行きます。

 

列車というとなんかガタガタしてそうですが、全然そんなことはなく、

日本でいう新幹線みたいな感じで、快適です。

列車の中でも色々食べ物などを売りに回ってきますが、

基本的に高いので、乗る前に何かつまむものや飲むものを

買っておくことをおすすめします。

 

▼武夷山东站の外観

 

そして武夷山东站からK1快速というバスに乗って、

南源岭というところで降ります。

だいたい30分ちょっとで着きます。

 

ここは、民宿村みたいになっていて、

たくさんの民宿がありました。

わたしは、Airbnbで予約して行きましたので、

オーナーさんに色々聞けて便利でした。

 

早めのチェックインをし、

荷物を置き、いざ出発!

 

★バスに乗るので、小銭の準備を忘れないこと

★パスポートは何かといるので持ち歩くこと

 

わたしたちは、宿の方が、

武夷山周遊チケットを代行して取ってくれるとのことなので、

350元で全部回れて、バスも乗り放題のチケットを

取ってもらいました。

そのときにいかだ下りの時間も決めます。

ちなみに、わたしたちが行った時の時間表はこれ↓

私たちは2日目の12:20にしました。

時間的には良かったかなと思います。 

 

 

南源岭から6、7、10番のバスならどれでもいいらしく、

来たバスの番号を確認して、1駅で武夷山南口です。

 

▼武夷山南口 何も書いてなくてびっくりしました。あとで意味が分かりました。

バス停の向かい側に↑の建物があるので、

横断歩道を気をつけて渡って中に入ります。

 

チケットをもらうカウンターで、パスポートを見せたら、

▼こんなチケットを発行してくれます。

 

 

▲表の下に書いてるところ全部に行けます。

ただし、一回行ったらもうそこを破いて

来た印にされるので、2回目は行けません。

 

 

▲裏には、

・自分の名前

・有効期限

・いかだ下りの時間

が印字されます。

 

▼いざ!ゲートイン!

天游峰行きのバス乗り場からバスに乗って〜

▼こんな景色を横目に見ながら〜

▼山に登るので、名前と電話番号を書き書き_φ(・_・

 でもこれ外国人で電話つながらない人はどうするんだろうか、分からない

▼季節によって時間が違うのね ふむふむ

▼トイレチェックしました〜

▼トイレットペーパー・・・ある!!!!

 割とトイレ何箇所もあったし、トイレットペーパーもあります!

 安心してください!

 まあでも中国では、ティッシュは持ち歩きましょうね

 わたしはいつもポケットティッシュじゃなくて

 大きいティッシュかばんに入れてます

▼こんな道を歩きます〜

▼途中の橋からこんな景色が。

 水が本当にきれい

 天気もよかったし

 空気も最高です

▼反対側もパシャり

 2日目はこの川をいかだ下りします

▼後ろを向くとこんな山があったり

▼朱子学の人

▼やっと入り口w

 けっこうお腹いっぱい

▼気温とか、来た人数とか、色々表示されてました

▼こ〜〜〜〜んな大きな岩がど〜〜〜ん!

▼お茶飲める休憩所?

▼ここからが本番ですね

写真撮る元気もなく

▼ほぼ登りきったところ

▼ここが有名な武夷山の景色!

▼太陽の光が眩しい!

 この下まで階段な感じ伝わるだろうか?!

▼降りて降りて見上げるとこれ

 こんなとこよく階段作ったな〜

荷物を持って登ってくる人とかもいて、ほんとすごかった

わたしたちは間違えて違う方から

1.5km登って、400mの降りる階段ルート。

 

400mの階段登って同じ階段降りる人もいるし、

400mの階段登って1.5kmのゆるやかな方降りる人もいるし

色々ですね

 

わたしたちは、間違えたけど、良かった気がする

 

▼写真じゃ伝わらないけどやっぱりすごい

 

▼おっきい岩の下には休憩所w

▼天游峰登って1日目は終了

 バスで戻って出て来たらここ。

 なるほど、こっちが正門みたいな?

▼チケット価格表

 わたしたちは、

 2