• 代表 あやぱん

世界複合遺産の武夷山に行ってきたよ②

武夷山二日目!

一日目のスケジュールは

世界複合遺産の武夷山に行ってきたよ①をご覧ください!

2018年1月11日(金)

二日目はなんとなく、めちゃくちゃ細かくメモしてみたw

▼8時55分 南源岭からバス(6.7.10番)乗車 1駅

▼9時5分 武夷山 中入る

 恐れることなかれ。ここが入り口だw

 なんも書いてないけど大丈夫。

▶︎9時7分 一線天行きのバス乗る

▼9時11分 バス出発

 お茶畑〜〜

▼9時22分 一線天の入口着、歩き始める

 注意書き 病気ある人は気をつけてね、的な

▼右一線天と左一線天があります

 わたしたちは右を先にチョイス

▼見て、この狭さ!!w

 この岩ほんとにかっこよかった!

▼真ん中あたりはけっこう暗い

 一応下にライトはあるけど

▼上を見上げると一本の線の光

 「一線天」ですほんとに

▼フラッシュたいたから写ってますが

 実際はけっこう暗い

 鳥目の私は見えませんでしたw

▼荷物係りの主人は、挟まってましたwごめんなさいw

 一番狭いところで30cmとか書いてたけど

 本当かは知らないけど、

 お気に入りの服では行かないことを

 全力でオススメします

▶︎9時35分 右一線天から出た ▶︎9時48分 外から真ん中へ戻って、左一線天スタート  こっちは割と明るめで、狭くなかった

 狭いの、暗いの苦手な人はこっちかな?

▶︎9時59分 おりて来た

▶︎10時20分 虎啸岩 スタート

▼こんなお茶畑や〜

▼こんなとこ〜

▼こんな風景を見ながら歩きました

▼11時 玉女峰着いた

 この高い山が玉女峰だそう

▼駅の向かい側が河原になってて、

 みんなここで写真とったり遊んだりしてた

▶︎11時15分 玉女峰駅から南入口行きバス乗った ※南入口からしかいかだ舟駅までのバスは無いと言われたため

▶︎11時25分 南入口着

▶︎11時27分 いかだ舟駅行きバスに乗った  他に2人しかいなくて、待たされた

▶︎11時33分 やっとバス出発

▶︎11時44分 舟の駅到着  昼ごはん食べた ここは割と色々売ってる

 大好きな手抓饼を食べました

▶︎12時10分 入場のところに並ぶ

※パスポートとチケットが必要

▶︎12時15分 舟出発

▼これ1元の靴カバー 

 迷ったけど買ってよかった

▼カエル〜とか

▼おっぱい〜とか

 なんかおもろい話してたな〜

 ぽかぽかですごい寝れそうだった

 てか眠かった

・帽子持って行った方がいい ・日焼け止めも塗るべき ・1元の靴カバーのビニール買うべき (安いし) ・5元の魚の餌はお好きに(めっちゃ余った) ・船頭さんの説明で舟の上で1人20元払った

▶︎14時 舟終わり  昼ごはん食べた

▶︎15時10分 南入口に行くはずが反対のバスに乗るw  また一線天に来てしまい、バスを待つ ちーん  やっぱり確認してからバスに乗らないと、

 運転手以外のスタッフの言うことは確実じゃない

▶︎15時25分 次こそ南入口行きバスに乗る

 平日だけどやっぱり人はたくさんいます

▼バスからの景色

 一緒に乗ったツアー団体のガイドさんは

 川向こうのあっち側に住んでると言ってた

▶︎15時35分 南入口(今度はちゃんと)着いた

 二日目の武夷山観光終了

▶︎15時52分

 景区南路口バス停からK1に乗って

 4つ先の高鉄武夷山東駅まで

※お釣りないように10元用意

▶︎16時20分 武夷山東駅着 ・パスポートとチケットを見せる ・荷物検査等

▶︎帰路につく

【ためになるか分からんメモ】 ・一つ一つの見所に駅があって、バスで移動し、山を歩く、というスタイル ・バスは基本的に、人がいっぱいにならないと出発しない ・ツアー客がいるので、その人たちが乗ってきたらすぐ発車できる ・外国人全然いない ・中国語が分からない場合、紙に行きたいところを書いて、指差しがすぐできるようにした方がいい

・簡体字で書かないと多分通じない ・天気は晴れているに越したことはないと思う ・この日、朝はマイナス4度で、霜が降りていたが、昼間は日向はすごく暖かかった ・四万十町の気候と似ているなと感じた ・空気も綺麗、水も綺麗、景色も綺麗 ・1日では足りない ・2日は必要 ・南源岭は民宿がたくさんあり、南入口までバスで1駅で便利

以上武夷山旅行記でした!

〒786-0021
高知県高岡郡四万十町仁井田1179-1

 ☎︎:080-7960-3382(10:00~20:00)

Mail:guesthouse40010@gmail.com

  • GUEST HOUSE 40010
  • GUEST HOUSE 40010
  • GUEST HOUSE 40010

© 2017 GUEST HOUSE 40010 プライバシーポリシー

リカバリーバナー.jpg